ブランディングが価格競争からの脱却の鍵

なぜ価格競争に陥るのでしょうか?それは、価格を安くしないと顧客が購入してくれないと思うからです。顧客がよく金額が安いとか高いとか言いますが、それは何と比較して安い、高いと言っているのでしょうか。それは「価値」と比較して、価格が安いか高いかを判断しているのです。価格競争を行っている企業は価格の低さを「価値」として顧客に提供しているにすぎず、価格以外の他の価値を見直すことで、価格競争からの脱却が図れます。

顧客の全てが、安いものを買いたいわけではありません。顧客は、価値のあるものを買いたいと思っています。つまり、顧客にまず提供するのは製品の価値の情報であり、価値を理解してもらった後に価格に対しての整合性を図ります。

製品の価値とは何でしょうか。例えば、品質であったり、利便性であったり、機能性であったり、ネームバリューも価値になります。顧客にこうした製品の価値を伝え、価値を理解してもらう活動こそがブランディングです。ブランディングこそが価格競争からの脱却の鍵を握っています。

顧客に対して、まずは製品の説明を行い、その価値を理解してもらった上で価格の提示を行います。この順番が大切です。顧客の中には当然安ければ何でもよいという人もいます。このような人は今後長い付き合いを行うことの出来る優良顧客に成長する可能性は低いと言えるでしょう。まずは自社の商品に対して関心を持ってくれている顧客に対して説明を行うことが必要です。

ブランディングは製品の価値を創造し伝えていく活動とも言えます。製品がブランドとして育つことで、価格競争から逃れることができます。なぜなら、ブランドのネームやタグ自体が商品に付加価値を与え、ロイヤルティノ高い顧客はそのブランドを指名買いし、他の製品に対して浮気をしなくなるからです。つまり、低価格という価値を製品に付与する必要がなくなります。さらにブランドはライバル企業や類似商品との差別化を図る上でも効果的や役割を果たします。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ