Webサイトとブランディングの関係

Webサイトは現代においてブランディングを行う際に欠かせないツールとなっています。Webサイトとブランディングの関係はどのようなものなのでしょうか。

消費者が、商品やサービスに対して抱くイメージが、ブランドイメージとなります。ブランドイメージは、消費者のブランド体験や告知物などから受ける連想に始まり、心象に積み重なったに記憶によって、つくり出されます。Webサイトには、ブランド体験を促進したり、ブランドイメージを表現したりという役割があります。Webサイトを作る際には、どのようなメッセージを伝えたいのか、ブランドのイメージは的確に表現されているかに注意を払い、消費者の記憶に残るサイト作成を行う必要があります。

ところが、何でもかんでも詰め込んだ、コンテンツが非常に多いWebサイトをよく見かけます。コンテンツが豊富なことは悪いことではないのですが、逆に大すぎるとすべてのコンテンツの印象が薄くなってしまい、結局何屋さんなんだっけ?一体何が言いたいんだ?という印象になってしまいます。受け手側は情報が多すぎると処理速度が追いつかなくなり、情報の判断ができなくなってしまいます。

このようなコンテンツが多すぎるWebサイトは、発信側の視点で「どんなWebサイトを構築するか」、「何を伝えたいか」を集中的に行ってしまい、受け手である消費者視点の意識が薄くなってしまっています。実際にWebサイトを見るユーザー視点の発信が出来ていて当たり前で、できてなければ、Webサイトを訪れた顧客や消費者のブランドに対するイメージはマイナスになってしまいます。

受け手に対して発信するメッセージを厳選するためには、受け手がどんな人物像なのかを明確にする必要があります。明確にした人物像に自社、商品、サービスについてWebサイトを通して得られる体験シナリオを作成します。掲載する情報を決めるよりも先に、ターゲットとなる人物像が欲しいであろう情報を優先的にピックアップします。そうすることでブランドのオリジナリティや差別化のポイントを消費者が認識しやすくなり、他との識別ができるようになります。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ