3つの戦略ドメイン

戦略ドメインは企業が長期にわたる構図を決めるもので、他の戦略のベースとなるものです。戦略ドメインには3つの要因があります。

1つ目は標的顧客です。自社のターゲットとするべき顧客を策定します。

2つ目は顧客ニーズです。ターゲットである顧客が何を求めているのかという顧客ニーズを抽出します。

3つ目は独自能力です。顧客の満足度を得るためには自社がどのような経営資源の強みを用いて対応できるのかという能力です。

この3つをベースにして基本的な戦略を立案していくことになります。

アンゾフの4つの成長機会

アンゾフは製品と市場の組み合わせから成長機会を4つ導きだせるとしています。事業戦略を策定する場合にはこの4つの成長機会を活かした戦略を立てていくことになります。

1、市場浸透戦略

現在取り扱っている製品や市場のままで売上やシェアを伸ばそうとする考え方です。現在既に顧客となっている人々の製品の使用量や頻度をアップさせることが鍵になってきます。そのためにプロモーションを強化したり、価格の調整を行ったり、流通チャネルの整備を行ったりします。

2、市場開発戦略

現在の製品ラインを活用して新たな市場を開発し、成長の機会を見いだす戦略です。これまでの市場の範囲を拡大したり、製品の新しい使い方を発見して新たな客層を取り込む場合があります。

3、製品開発戦略

既存の市場や顧客に対して新製品を開発し、売上をアップさせようという戦略です。市場においてすでにファンを掴んでいる場合や、自社の開発力や技術力が高い場合に有効な戦略となります。

4、多角化戦略

製品も市場も全く新しいものを目指す際に用いられる戦略です。現在の製品や事業はプロダクトライフサイクルから考えてもいつかは衰退期が訪れます。または競合による脅威や需要の変化も忘れてはいけません。このように、将来の危機を察知し事前に製品や市場の新陳代謝を図り、企業の収益を確保するためにとられる戦略です。

市場/製品 現在 新規
現在 市場新当戦略 製品開発戦略
新規 市場開発戦略 多角化戦略

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ