今後のマーケティング活動で求められるサスティナビリティとCSRとは

サスティナビリティマーケティング

サスティナビリティとは、持続可能性を意味する言葉です。地球環境や人間社会の持続可能性を表す際に用いられます。1972年にローマクラブが「成長の限界」を発表し、世界中に衝撃を巻き起こしました。この内容は、地球の人口と工業投資がこのまま成長を続けると、地球の天然資源は枯渇し、環境汚染は限度を超え、100年以内には限界点を突破するというものでした。これをきっかけとして、サスティナビリティを政府や企業が考えていくことになったのです。

これからは生産中心の時代から、生活中心の時代へと転換しつつあります。そのため、生活者や地域社会、地球環境の持続可能性を考慮したマーケティング活動が求められているのです。

具体的には、地球温暖化や、工業廃水、異常気象などの地球環境問題、少子高齢化、年金・福祉問題、貧困などの社会問題などが挙げられます。これら社会構造の急激な変化に対する人間の生活への影響は非常に大きいものです。これらの問題を解決していくことが今後のマーケティング活動で求められてきます。

CSR

CSRとは、企業の社会的責任と訳されます。企業も社会の一員として、時速可能な社会を作り出す取り組みに積極的に参加し、その責任を果たすことが求められています。

CSRには、社会、環境、労働、人権、品質、コンプライアンス、情報セキュリティ、リスクマネジメントなどが含まれています。コンプライアンスとは、法令遵守のことで、企業が経営活動を行う際に法令や各種規則、社会規範などを守っていくことを意味しています。

企業は、自ら積極的に市場と向き合い、ステークホルダーと言われる利害関係者である、顧客、株主、従業員、取引先、地域住民、官公庁、研究機関、金融機関などの多様な主体との関係を見直し、コミュニケーションをとっていくことが求められます。そして、信頼関係を強め、その意見を取り入れたマーケティング活動を行っていかなければなりません。現在ではCSRの重要性を理解し取り組んでいる企業が増えてきています。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ