今、求められるソーシャルマーケティング

一昔前までのマーケティングは「顧客満足」と「企業利益」の2つを目的として行われていました。顧客に満足してもらい、その対価として利益を得るためにはどうしたらよいかというのが極端にいえば目的そのものでした。しかし、様々な社会問題が露見してきた現代では、社会的な幸福や利益を求めることも必要ではないかという考えが台頭してきました。産業革命以降、社会は著しい進歩を見せています。そのツケが21世紀になってようやく見えてきたのです。そのため、人々は地球環境を何とかしなくてはいけないという考えを持ち始め、企業もそのニーズに対応する必要に迫られました。企業は地球環境を考えた資源の再利用を行うことや、環境に優しい製品の開発を行い、ソーシャルマーケティングを活発化させています。

製品は大きく4つに分類されます。「不満製品」、「快楽製品」、「有益製品」、「魅力製品」の4つです。

まず、不満製品ですが、これは文字通り購入した人が不満を抱く製品です。まずい食品や故障しがちな電化製品などがこれに該当します。長期的にも短期的にも誰も満足をしないものです。

次に快楽製品です。快楽製品は短期的には満足を得られるが、長期的に見ると購入者の利益にはならない製品を指します。例えば、添加物がたっぷりのスナック菓子は食べれば美味しいので一時的な快楽を得ることができますが、長期的な視点からみると、肥満や成人病の原因になります。このように短期的には満足を与えられても長期的には体の害になってしまう製品は快楽製品と呼ばれます。

有益製品は魅力はなくても長期的に見れば体に有益なものをもたらす製品です。「良薬口に苦し」とはいったもので、まずくても体に良い健康食品などはいい例です。

魅力製品は快楽製品と有益製品の長所を併せ持った製品です。短期的な満足と長期的な利益の両方を手にすることができる製品です。食べ物でいえば「おいしくてヘルシー」なものが良い例です。ソーシャルマーケティングではこの魅力製品が求められています。おいしくても体に悪いもの、おいしくないけど体に良いもの、両方とも市場からは淘汰されつつあります。魅力製品でなければ生き残ることができない時代になっているのです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ