マーケティングプランニングの目標設定と戦略・戦術

目標設定

マーケティングプランニングの状況分析で得られたデータをベースに目標設定を行います。この目標設定を行っておかないと途中で方向性を見失いかねません。目標の設定に関しては実現の可能性があることが前提となります。実現が不可能であると一目瞭然な目標を掲げていては全く意味がありません。また目標は単一である必要はなく、複数設定してもかまいません。複数設定する場合は目標に優先順位を設けておくことが必要です。どちらを優先させるかが決まっていないとマーケティングを行う上で混乱をきたしてしまいます。

戦略

コトラーは戦略を策定・実行するにあたって4つのポイントを挙げています。

1つ目は掲げる目標に対して、共通のテーマとして「競争優位を確立する」という点です。市場での競争において、戦略で競合他社をおさえることは自社商品の存在を際立たせることにもつながるからです。

2つ目は競争相手の姿を明らかにしておくことです。既存の競合だけでなく、将来にわたって参入してくる可能性のある企業や製品に対しても注意を払う必要があります。

3つ目は顧客の声に耳を傾けることです。市場で優位な立場を作るには顧客の支持を得ることが必要だからです。

4つ目は刻一刻と変化する市場への対応を行うということです。優れた戦略は市場の変から受ける影響を出来るだけ少なくし、ビジネスチャンスとみたら全速で捉える臨機応変さが必要です。

戦術

戦術は、策定した戦略に基づいて実行される具体的な動きを指します。目標実現という目的地へ行くためのルートを定めるのが戦略で、車を使うのか、飛行機を使うのか、電車を使うのかなど、戦略を実行するための手段が戦術です。

コトラーはこのようなマーケティングの実行には3W1Hが鍵を握ると述べています。すなわち、Who(誰が)、When(いつ)、Where(どこで)、How(どのように)マーケティングを行うのかを決めることが、戦術の重要なテーマと言えます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ