マーケティングコンセプトとは

マーケティングの基本的な考え方は「顧客のニーズやウォンツを出発点として、様々なマーケティングの技術を統合し、顧客満足を通じて適正な利潤を得る」ということです。顧客に対して常に提案を行い、市場を創造していく活動であると言えます。

プロダクトアウトとマーケットインという考え方があります。まず、プロダクトアウトとは、独自能力を活かして製品を作り出し、市場でその是非を問うという製品志向の考え方を指します。製品を作ってから売るという発想が根底にあり、消費者のニーズよりも生産者中心の発想で製品を開発するというものです。需要が供給を上回っている場合に通用する方法です。

一方、マーケットインは市場の求めるニーズを探り、ニーズを満たす製品を開発すると言う顧客を中心とした考え方のことです。売るために製品を開発するという発想であり、どんなものが売れるのかを事前に調査した上で製品の開発に着手します。現在はこちらの手法の方が多くとられています。

また、日本の高度経済成長期には「販売コンセプト」という考え方がありました。出発点は製品にあり、製品の積極的な販売活動を展開し、売上高をベースとした利益を受けるというものです。高度成長期のように生産が需要に追いつかない時代に通用するもので、マーケティングコンセプトとは対をなす考え方です。

マーケティングコンセプトの発展過程を整理すると下記の5つに分類されます。時代の流れと共に、マーケティングはこのように発展してきました。

1つ目は生産志向です。「作れば売れる」時代の志向で、生産を出発点としています。

2つ目は製品志向です。製品の品質と性能を追求し、良い製品さえ作れば消費者に受け入れられるという考え方です。

3つ目は、販売志向です。営業活動などの販売努力をしなければ商品は売れないという考え方です。

4つ目はマーケティング志向です。顧客のニーズやウォンツが出発点になっており、企業間の競争が激化した時代に求められる考え方です。

5つ目は社会志向です。環境問題や資源の問題が増加してきた現代ではマーケティング活動に対する修正や変更が求められています。マーケティングに社会的価値の導入が求められる考え方です。

コンセプト 時代 内容
生産志向 高度成長期 生産性の追求
製品志向 バブル時代 製品の品質と性能の追求
販売志向 不況の時代 販売技術の向上、ハードセリング
マーケティング志向 現在 顧客満足の獲得
社会志向 現在とこれから 生活者や社会の長期的利益

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ