マーケティングリサーチの評価と分析方法

マーケティングリサーチの評価

マーケティングリサーチはその計画から実行までをPDSサイクルに従って進めていきます。PDFサイクルは業務の流れを計画(PLAN)⇒実行(DO)⇒評価(SEE)⇒次回の計画という流れで考えます。

PLANは調査目的を明確にした上で、問題解決のための仮説を立て、その検証に最適な調査対象と調査方法を選択し、決定します。次にDOです。調査目的に沿った質問内容を作り上げ、調査対象を抽出するためのサンプリング方法を決定します。そして調査を行い、データを集め、そのデータを分析します。最後にSEEです。調査結果をマーケティング戦略にどのように活用し、どのような方法で測定するのかを決定します。

マーケティングリサーチは問題解決や意思決定を行うために実施されるもので、調査結果をベースにしてマーケティング戦略が練られます。そのため、非常に重要な役割を担っています。

マーケティングリサーチの分析方法

マーケティングリサーチで得たデータの分析方法は実に様々です。

クラスタ分析

異なるものが混ざり合っている中から互いに似たものを集めてクラスタを作り、対象を分類する手法です。ブランドの分類やイメージの分類、ライフスタイルのセグメンテーションなどが可能になります。数値分類法ともいわれています。

因子分析

個々のデータの相関関係を分析し、共通して存在する特性を抽出する方法です。どのような購買パターンの消費者がいるのかなど、買い物客のアンケートなどからセグメントする場合に用いられます。

主成分分析

多数あるデータ間の相関関係を分析し、共通の要素をまとめ、少数の主成分にまとめるために用いられる方法です。

回帰分析

原因と結果との間に一方的な因果関係がある場合に使われる方法です。

ポジショニング分析

複数あるカテゴリーにおいての関係性や似ている点などを抽出し、イメージなどを挙げてマトリクス図表上にポジショニングします。

コンジョイント分析

顧客が何に重点を置いているのか、顧客が最も好きな組み合わせはどれかを統計的に抽出します。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ