マーケティングリサーチを実施するための5つのプロセス

マーケティングリサーチは問題解決のための情報を集める際に用いられる手法です。集める情報には正確さが求められるため、リサーチのプロセスは重要です。マーケティングリサーチは5つのステップを踏んで行います。

ステップ1、調査目的の明確化

解決する問題は何か、またその背景には何があるのかを明確化します。調査する目的を具体的に絞り込み、発見する問題を明確化します。

ステップ2、調査計画の立案

明確化された目的と問題に対して具体的にどのようにアプローチしていくのかを計画します。まずは、広い範囲に渡って各種データを収集します。そして、他の機関によって加工された第二次データで十分なのか、独自に調査した第一次データが必要なのかを検討します。

次に調査対象の設定を行います。調査の実施に関しては、「全数調査」と「標本調査」があります。全数調査はその名の通り、調査対象者全員に対して行う方法です。標本調査は調査対象の中からある一部の人々を抽出して行う調査です。全数調査は実現可能性が薄いため、採用される場合は母数が少ないときに限ります。

さらに、調査地域、予算、サンプル数、調査方法を確定します。そして質問票の内容を設計していきます。質問形式は自由回答法と選択法の2つがあります。最後に、集計と分析方法を決めます。

ステップ3、調査の実施

実際に調査を行うには調査員を募集、選定し、内容について十分な説明と教育を行うことが必要です。そして出来るだけ客観的な内容がつかめるように行い、確実に回収することが重要なポイントです。

ステップ4、調査結果の分析

調査によって収集されたデータは加工・分析され、調査目的のために有益な情報となります。調査したデータの意味を深く掘り下げていくことが重要です。

ステップ5、調査結果の報告

報告書をまとめる際に基本的な形としては、「概論、結論」、「調査の趣旨」、「調査の目的、期日、方法、対象者」、「調査分析結果」、「提言」の形でまとめられます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ