マーケティングリサーチの5W1Hとは

マーケティングリサーチは、マーケティング活動を進める上で問題解決や意思決定を行う際に必要な情報を集めるために行われます。調査対象者は消費者であったり、競合他社であったり、エリアそのものだったりします。様々な手法で集めた情報を分析・加工していきます。インターネットの発展により、マーケティングリサーチの領域はますます拡大しています。そのマーケティングリサーチを5W1Hのわかりやすい形に置き換えてみるとわかりやすくなります。

1、WHEN(いつ調査するか)

リサーチの実施時期です。調査時期の設定が結果を大きく左右することがあるので、実施時期の設定は重要なポイントです。

2、WHERE(どこで調査するか)

リサーチを行う対象エリアです。日本全国で行うのか、それとも地域を限定して行うのかなどリサーチをする上での地理的範囲を決めます。これによって調査方法が限定されたり、コストの増減に影響を及ぼします。

3、WHO(調査対象は誰か)

マーケティングリサーチを行う場合、その対象は多くの場合は消費者ですが、競合企業や非営利組織などが調査対象になる場合もあります。

4、WHAT(何を調査するか)

マーケティングリサーチで調べる課題やテーマを明確に設定します。WHYと大きく関係がある項目です。

5、WHY(なぜ調査するのか)

なぜリサーチをするのか目的を明確にしないと、調査方法もその調査結果も問題解決に役立つものにならない可能性があります。

6、HOW(どのように調査するか)

どのように調査を行うのか、リサーチ手法の選択を行います。面談調査、郵送調査、電話調査、観察調査、インターネット調査など、様々な手法の中から調査の目的や必要なデータを抽出するのに最適な方法を選択します。

マーケティングリサーチの5W1Hはこの順番通りに行うものではありません。まずは「WHAT」と「WHY」を決定し、調査のベースを固めた上で「WHEN」「WHERE」「WHO」を決定していきます。そして最後に「HOW」である調査方法を決定し実行に移していきます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ